避妊に失敗したときのため、通販でアイピルを購入しましょう

\90秒で注文完了/アイピルの購入はこちら
カップルのイメージ画像男女のセックスはお互いの気持ちを知るためには、最適な手段です。

大切な恋人との時間は誰でも充実させたいと考えるでしょう。

でも、セックスをするということは同時に妊娠する可能性もあります。

生まれた子供をしっかり育てるような環境ができていないのであれば、避妊はしておかないといけません。

しかし、それでも忘れてしまうこともあるでしょう。

万が一、避妊に失敗したときのためにも避妊用医薬品を用意してはいかがでしょう。

紹介していく医薬品は「アイピル」というアフターピルになります。

アイピルは避妊を失敗したときに服用する医薬品であり、セックス後120時間以内に服用すれば妊娠を回避することができます

また、アイピルは海外から輸入すればインターネット通販での購入も可能な医薬品です。

通販での購入なら、周りに知られることなく用意することもできます。

 

通販でも購入できるアイピルは早めの服用が大事

妊娠に悩む女性アイピルは避妊を失敗したときに役立つ医薬品ですが、100%避妊できる医薬品ではありません。

また、服用するタイミングを誤ると避妊する確率が低下してしまいます。

アイピルはセックス後、できるだけ早い時間に服用しないといけません。

セックス後72時間以内に服用すると81%で避妊ができますが、72時間以上経過すると避妊成功率は63%に低下してしまうのです。

アイピルは極力早めに服用する必要があるのです。

アイピルを常備していない場合、産婦人科で処方してもらうまでの時間が必要になります。

そのため、妊娠する確率も上がってしまいます。

常にアイピルを用意しておけばすぐに服用できるので、避妊の成功確率を下げることもありません。

 

通販で購入したアイピルは継続して服用する医薬品ではありません

アイピルは避妊用の医薬品ですが、継続的に服用してはいけません。

緊急用のピルであり、セックスのたびに服用するものではないのです。

アイピルは低用量ピルと比べても、副作用が発症しやすくなっています。

購入したい方も避妊に失敗したとき、性犯罪に巻き込まれたときのためと考えておくといいでしょう。

 

通販で購入したアイピルの効果について

薬を飲む女性アイピルには排卵を抑える効果があります。

排卵を抑えることができれば、膣内で射精をされても受精することはありません

また、受精卵の着床を抑える効果もあります。

これらの効果によって、妊娠を回避することができます。

服用後、無事避妊に成功したかどうか確かめておくことも必要です。

アイピルは100%妊娠させる医薬品ではないので、必ず市販の妊娠検査薬などで検査してください。

 

通販で購入したアイピルの副作用について

アイピルは服用した後に、副作用が起こります。

起こる副作用には頭痛やめまい、下痢や腹痛、吐き気や嘔吐、消退出血や不正子宮出血、月経過多や月経遅延、倦怠感や発熱などです。

副作用による出血が多いですが、これは子宮内膜が剥がれたからです。

副作用は服用する人の体質によって症状にも差があるので、あまり症状が重くないこともあります

でも、その逆で症状がひどくなる可能性もあります。

アイピルの服用後は身体の状態に注意しておきましょう。

 

通販でアイピルを購入しても服用できない人

アイピルは服用できない人もいます。

アイピルを服用できない人は妊娠中の方や授乳中の方、重篤な肝障害を持っている方です。

また、有効成分であるレボノルゲストレルに対してアレルギー反応がある人も服用できません

アイピルには併用すると、命の危険がある併用禁忌薬もあります。

抗けいれん剤やHIVプロテアーゼ阻害剤、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤やリファブチン、リファンピシンなどを服用している方はアイピルを服用できません。

 

アイピルをインターネット通販で購入する

通販を利用する女性アイピルをインターネット通販で購入するときは、知名度のある楽天市場やアマゾンなどのネットショッピングサイトを利用するのではありません。

それらのサイトでアイピルを探しても、アイピルが表示されることはありません。

日本では、医師の処方なしで医薬品を販売するのは法律で禁止されているからです。

インターネットでアイピルを購入するには「個人輸入」というシステムを利用します。

個人輸入というのは文字通り、海外から商品を輸入して購入する方法です。

しかし、個人輸入にはいくつか面倒なこともあります。

まず、海外のお店から購入するということは商品に関するやり取りは全て外国語になります。

商品についての詳細や発送される日程などの、知りたいことも全て外国語で聞かないといけません。

また、輸入の際には必ず「関税」というものが発生します。

個人輸入だと関税の見積もりも自分でしないといけないのです。

ここまでだと、インターネットで医薬品を購入するのは「時間がかかって、面倒なだけ。」と思うでしょう。

しかし、そんな面倒なことを負担してくれるサイトがあります。

それが「個人輸入代行サイト」になります。

個人輸入代行サイトがあらかじめ仕入れた商品を販売しているので、言葉の壁や関税といった面倒なことも気にする必要はありません。

アイピルを海外から購入するときも、普段のインターネット通販と変わらずに購入できます。

この便利さ故に、個人輸入代行サイトはたくさんの利用者がいます。

それに伴うかのように、サイトの数もどんどん増えているのです。

しかし、サイトが増えているからこそ注意しないといけないこともあります。

それは、悪徳な個人輸入代行サイトが紛れていることです。

悪徳な個人輸入代行サイトと気づかずに利用してしまうと、トラブルに巻き込まれてしまいます。

悪徳な個人輸入代行サイトは仕入れた商品を確認しないのです。

そうなると、購入者に送る商品が欠陥商品になっていることや数量や商品そのものに誤りがあるなどのトラブルを引き起こすのです。

また、個人輸入というのはトラブルがあっても基本的には購入者の責任になります。

トラブルが起きても、商品の取り替えや返金などはできないということです。

このようなトラブルを起こさないように、アイピルを見つけても利用する個人輸入代行サイトを安易に決めないようにしましょう。

 

アイピルはジェネリック医薬品であり、通販でも購入できます

通販を利用する女性紹介しているアイピルは「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。

そのおかげでアイピルは、入手しやすいといえます。

では、このジェネリック医薬品とは何かご存知でしょうか。

数も増える傾向にあるジェネリック医薬品について説明しましょう。

ジェネリック医薬品というのは、新薬を元に開発されている医薬品のことをいいます。

つまり、ジェネリック医薬品の成分や効果、副作用なども全て新薬と一緒ということになります。

アイピルはノルレボのジェネリック医薬品なので、同じ効果のアフターピルということになります。

新薬を元に開発しているおかげで、その開発費や時間などもかなり削減されています。

だから、ジェネリック医薬品は低価格で購入することができるのです。

同じ購入するなら、ジェネリック医薬品のアイピルがお得だということですね。

 

アイピルを通販で購入するときに参考になる口コミ

口コミをチェックする女性アイピルの購入を考えていても、服用の経験がないと「大丈夫かな?」という不安な気持ちは完全に消えないと思います。

そんなときはアイピルを服用した人の口コミが参考になるのです。

口コミにはいろんな方が書き込んでいます。

すでにアイピルを服用した人だけでなく、これから服用するといった書き込みもあります。

見てほしいのはもちろん、服用した経験のある人の書き込みです。

しっかりと避妊することができたのかや副作用はどのような感じだったのかなども、確認することができるでしょう。

また、口コミの大きなメリットは一つのサイトに限らず他のサイトでも確認することができることです。

アイピルを販売している代行サイトにも口コミはありますが、そのほかにもブログや掲示板サイトなどにも口コミが載っています。

いろんな人の成功例や失敗例を口コミで確認すれば、購入のときに参考になるでしょう。

 

通販サイトなどに載っているアイピルの口コミの紹介

どのような口コミが載っているか、その一部をここで紹介しましょう。

・「以前産婦人科で処方してもらったことがあるので、今回は万が一を考えて購入しました。服用の機会があったので、服用して数週間後に検査したら陰性でした。効果はあったと思います。」

・「もしものときに無いと不安なので、購入しました。失敗したときもアフターピルのおかげで、妊娠を回避できています。」

・「病院まで行くのが恥ずかしいので、通販での購入はよかったです。」

この口コミからアイピルをインターネット通販で購入した人の多くは無事避妊に成功したこと、購入がしやすいということがわかります。

 

通販でアイピルを購入したいと思った体験

ここまでアイピルについて紹介していますが、私も過去にアイピルを服用した経験があります。

そのときの経験をここで紹介していきます。

 

私が初めてアイピルを服用したのは、20代後半くらいでした。

当時、付き合っていた彼とセックスをしたときです。

お互いにアルコールが入っていたこともあり、勢いでゴムも付けずに生でセックスをしてしまったのです。

その後、我に返った私は自分が妊娠しているのではないかと不安になりました。

急いで産婦人科に行って、処方してもらったのがアイピルだったのです。

すぐに服用したので、妊娠することなく問題は解決しました。

私も彼も深く反省したことを覚えています。

「このような不安な気持ちに今後はなりたくない」と思った私は、インターネットでアイピルについて調べました。

そして、インターネットで購入できることを知ったのです。

今は避妊に失敗してもすぐ服用できるように、購入して手元に置くようにしています。

彼とのデートなどがあれば、常に携帯するようにしています。

 

男性とお付き合いをしている以上はいつ万が一が起こるか分かりません。

妊娠してしまう原因は男性にあるというイメージがあると思いますが、女性も自分で気をつけないといけません。

最終的に自分の身を守ってくれるのは男性ではなく、女性自身なのです。

皆さんには私と同じ失敗をしないように、アイピルをあらかじめ購入してほしいのです。

 

 

通販でも購入ができるアイピルは昔よりも身近になりました

医師によるピルの処方イメージアイピルは低用量ピルと違って、緊急時にしか服用しない医薬品です。

普段から低用量ピルを欠かさず継続して服用しているのであれば、関係のない医薬品といえるかもしれません。

でも、万が一というのはいつ起こるか分かりません。

アイピルを持っておけば、その万が一が起きても対処できるので非常に心強いです。

また、インターネットでの購入が可能になったこともあってかなり身近に考えることができる医薬品になったといえます。

自分一人で産婦人科にピルをもらいに行くのはちょっと恥ずかしいと思う女性にとって、これは嬉しいです。

購入の経験がない方にとっては、アイピルを購入するのは不安に思うことかもしれません。

でも、購入してすぐにアイピル服用するとは限りません。

普段からしっかりと避妊するようにしている人は、アイピルを購入しても服用しないかもしれません。

つまり、アイピルを購入するということは女性にとっては自分の身を守るための武器を手に入れるような感じともいえます。

女性にとって、アイピルがあることに越したことはありません。

また、アイピルは性的な犯罪に巻き込まれたときでも役立てる医薬品です。

単に妊娠しないためだけではなく、自分の身を守るこためにも必要といえるのです。

 

通販で購入できるアイピルは女性の日常生活を明るくしてくれます

アイピルの画像いかがでしたか。

女性にとってアイピルは一つ持っておきたい医薬品だということがお分かり頂けましたか。

避妊用医薬品と考えてしまうと、なんとなく重く感じるかもしれません。

でも、そこまで深く考えることはないのです。

アイピルは女性の日常生活における不安を無くすお手伝いをしてくれると考えてほしいのです。

アイピルが一つあれば、男性にも積極的になれます。

そうなれば、理想の相手と恋愛を楽しむことだって可能なのです。

アイピルの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました