資格取得の助成金制度は誰でも利用可能?

資格取得の助成金制度について

今以上を目指す方は是非利用するべき

助成金制度を利用できる人は、毎月の賃金から雇用保険を納付している人、つまり雇用保険に加入している人のみです。
雇用保険料は、企業と被雇用者がそれぞれが負担し(企業の方が多い割合で負担)、被雇用者は月々の給料からは差し引かれており、会社が納付し、主に国の厚生労働省が管理しています。この雇用保険が、助成金の財源となるのです。
また、雇用保険に加入するには、条件があります。
1.31日以上の雇用が見込まれる事。
2.1週間の就労時間が20時間以上である事。
この条件を満たしている労働者がいて、雇用保険をしっかり納めている企業ということで、助成金を利用できる事は、間接的にですが、会社の信用性も高まる事とにもなるので、助成金制度を利用することは、個人だけでなく、企業にもメリットがあります。
企業側のメリットとしては、下記のような助成金制度はあります。
1.従業員調達助成金
2.労働支援助成金
3.特定求職者雇用開発助成金
4.職場定着支援助成金・高年齢者雇用安定助成金
5.障碍者作業施設設置等助成金
6.障碍者福祉施設設置等助成金
企業側にメリットがあるのですから、被雇用者であるあなたにもメリットは、必ずあります。
雇用保険に加入している人だけが利用できる助成金制度です。
助成金制度を利用して取得できる資格は多種多様ですが、今のあなたに必要な資格、それが企業の為にもなる資格も多種多様でしょう。
この厳しい経済を生き抜く為に、この助成金制度を利用してみる価値は、大きいのではないでしょうか。

助成金を利用できる人

今の自分で満足していますか? もし、今の自分に満足していないのなら、助成金制度を利用して、資格を取得し、スキルアップやキャリアアップを目指しましょう。 助成金を利用して取得できる資格の中には、多岐にわたる物があります。 その中に、あなたの未来を広げる資格もあるかもしれません。

ハローワークで申請

助成金制度は、自分自身がハローワークに行って申請手続きをしなければなりません。 資格を取得しただけでは、助成金は支給されず、かかった費用はそのままです。 助成金制度を利用して資格を取得する、資格を取得した時は、必ずハローワークに行き、自分自身で手続きをするか、社会保険労務士に相談しましょう。

そもそも助成金とは

助成金の財源が雇用保険料である事は前述したとおりです。この助成金制度の目的とは雇用の安定と、再就職の促進です。また、助成金制度が利用できる講座は、どれでも良いわけではありません。厚生労働省が指定した講座に限られています。また、講座によっては、申請の時期が違うこともあるので、注意しましょう。

おすすめリンク

甘くないカフェ開業

メニュー数は少なくても経営は大変。カフェ開業で事業を軌道に乗せるために必要なこと。