身バレに注意!メールレディのリスクと対策について

女性の画像

匿名で働けるのが、メールレディの魅力の1つ。会員になるために運営元へ身分証を提出しますが、個人情報保護に基づいて情報が管理されているため安心です。

しかし、身バレのリスクはゼロではありません。身バレとは隠しているにも関わらず、素性がバレてしまうという意味です。

ここでは、身バレによるリスクと対策について解説していきます。

男性ユーザーにバレると危険?!

もし男性ユーザーに身元がバレて現住所を知られてしまうと、ストーカー被害に遭うリスクが考えられます。

なぜなら、「女性会員と会ってみたい」と思っている男性が少なからずいるからです。マナーの悪い男性ユーザーの中には、しつこく誘ってきたり連絡先をどうにか聞き出そとしたりとやっかいなケースも…。

思わぬトラブルを防ぐためにも、しっかりと対策する必要があります。

プロフィールを編集して対策しよう

プロフィールは、自分をアピールできる便利なツール。しかし、メールレディとして働くなら、身バレを防ぐために注意すべきポイントがあります。以下の2つを確認して、プロフィールの編集をしてください。

1.架空のプロフィールを設定する
ほとんどのメールレディは、名前や職業、年齢まで事実とは異なる情報を載せています。

プロフィールの設定はウソをついてもOKなので、身元が特定できる内容は書かないようにするのが基本。自身の中でメールレディとしてのキャラを作り、別人になりきりましょう。

2.顔写真は加工する
顔は、体の中でも個人を特定しやすいパーツの1つ。骨格やほくろの位置で、誰なのか分かりやすいのです。プロフィール画像を載せるときは、身元を隠すためにアプリを使って加工すれば大丈夫です。

顔写真を撮るときは、加工アプリを使って肌のトーンを上げてほくろを消すのがオススメ。高機能なアプリがたくさんあるので、自然に盛れるアプリを使って魅力的な女性に見えるように仕上げましょう。